離婚と弁護士

離婚をする機会が訪れかはわかりませんが、もし離婚することになった場合は、お互いがこれから先の生活を送るための準備を進めなければなりません。例えば財産を分割する必要がありますし、片方の行動が問題だった場合は慰謝料が請求できます。お子さんがいれば親権を摂ったり、養育費の支払いを頼むことにもなり、それらの手続きの準備を進める必要があります。

たとえ当事者同士で話し合いが円滑に進んでも、その後の手続きは面倒な内容が多く、一から手続きの方法を学ぶのも面倒なので、基本的には離婚の際は弁護士に相談することになります。弁護士も離婚を専門に扱う法律事務所を構えている方が多いので、最寄の法律事務所を探せば、一つは離婚問題を取り扱っている事務所が見つかるでしょう。離婚相談は当人同士が納得していても、法律上はまだ慰謝料が請求できるなど、見逃されるポイントも多いので、そうしたミスを犯さないためにも、弁護士に依頼することは重要です。

弁護士に離婚について依頼すれば、代理人として離婚調停の申し込みに必要な書類作成や届出などを一通り済ませてくれます。一般的にはこれらの作業だけで済ませられますが、親権の確保など、相手側と法廷で争うケースも存在するので、その場合は料金設定などを加味して、裁判に強い弁護士を探さなければなりません。そうめったにあることではありませんが、離婚を決意した段階で、弁護士は探しておいたほうが良いでしょう。